2007年05月06日

脱ペーパードライバーへの道

脱ペーパードライバーの道は険しい。

5日に、ペーパードライバーの出張講習を受講し終えて、どうにか運転できるようになった気分ではある。この日は、鎌倉の七里ガ浜まで遠出。帰路は逗葉新道から横横、首都高速と戻ってきた。

でも現実は厳しい。教官が横に乗っているのといないのでは全然、気分的に違う。万一の時に助言してくれる人がいない。

借りている駐車場から一人で転がして、知人を迎えに行く。坂道で路肩に寄せて停車しようとしていきなりガードレールをガリガリ。ギャッという感じであります。ともかく知人を乗せて、自動車用品店へ。何もついていないスズキの車。非常停止時用の三角表示板やら、ルームミラーを大きいものに付け替えたり、いろいろと教えられることばかり。

そして、運転好きの知人を乗せて、港北NTへ。首都高速の湾岸線から三ツ沢線、そして第3京浜の新横浜へ。彼は絶叫こそしなかったが、心の中では念仏を唱えていただろう。艤装のない骨組みとエンジンだけのトラックを木製の椅子にヘルメットを被って陸送していたこともある彼のことだから、度胸も据わっていたのかもしれない。

帰りは「下道で行く?」というと「ウン。やはり車線変更なんか怖いもん。それと全体的に右へ右へと寄っていくでしょ。もっと左でいいよ」。

最後に車庫入れで「何、変なことやっているの? これだけ広いんだから、スッと入れればいいじゃん。変な癖付けない方がいいよ」

車は陸送してもらうことになっているけど、それにしてもどこかの駐車場で車庫入れの練習はしっかりやらないと。仕事にならないよ……。とほほ。


posted by 曲月斎 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。