2007年04月29日

タバコを変える

タバコの銘柄はここ12年間、セブンスターのカスタムライトだった。周囲がライトだ、健康だと言っても、タール10mg、ニコチン0.8mgの味を愛してきた。

しかし、このところ喉の具合が悪い。加えて愛好しているタバコを売っているところが少なくなってしまった。
で、知人が勧めてくれたのが「マイルドセブンエクストラライト3」というもの。タール3mg、ニコチン0.3mg。

確かに軽いし、嫌な咳も減った。だけどタバコを吸っているという実感がない。

悪いことしているけど、分かっちゃ居るんだ、という背を向けたような気分。やはり吸い慣れた味は忘れがたいものだ。


posted by 曲月斎 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「図書」5月号

今月号はなかなか面白かった。

網野善彦全集の予告編みたいな対談や、「軍人の良識と元老の知恵」「生き残る言語」などなどどれも掌編として上々。

膠着語(日本語、モンゴル語みたいな名詞が変化しないで格助詞で文中の機能を示す)という言葉は知識の片隅にあったけど、名詞の語尾変化で名詞の機能(主語、目的語、補語)を示す屈折語(ラテン語、ロシア語、ギリシャ語など)、名詞が格変化せず文中の位置で機能を示す孤立語(英語、中国語など)、さらに、一語の中に機能が集約されている集合語(イヌイット語、ネイティブアメリカン語など)の概念から、日本語のなれの果てまで想定した中井久夫の一文は興味深い。

ちなみに私の岩波文庫の1冊は篠田正浩で魯迅の「阿Q正伝、狂人日記」だった。
posted by 曲月斎 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 積本抛讀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。