2007年04月10日

親知らず

72歳になる母親の「介護」を受けている息子ではあるが、転勤を前に、身の回りは忙しい。

特に歯、である。

人間の痛いと思う中で歯痛ほど厄介なものはないと思う。そして歯医者ばかりはぜったいに信頼できる人間に限る。英語で医者はDoctorだけど、歯医者だけはDentist。istがついて、技術者もある。

幸い、同期の人間と後輩が開業をしているので、どちらかに今なら行けばことが済む。

で、今は後輩の歯医者に行っているのだが、「そろそろ親知らずを抜いた方がよさそうですね。歯周病の原因になりますよ」との診断。転勤を機に抜くことにした。

親知らずとは第3大臼歯のことでサルから人間に進化した時に、アゴは小さくなったのに減ってくれなかった臼歯。多い人で4本、少ないと1本もないそうな。で小生は2本あることは承知していた。うち、左下にあった1本はすでに処置済み。まだ若かった時に抜いた。今度は右下の1本である。

or102b.gif今度の歯も斜めに頭だけ出ている状態(左図はライオンのHPから転載)。前回は骨を削り、歯を割って抜いてもらったが、今回もそれ以上の難工事になることは想像に難くない。前回の時でさえ「おまえの年だから歯が骨にくっついちゃって居るんだよ。骨削るのが大変で」と言われたのを思い出す。爾来もう20年余。くっつくどころの騒ぎではあるまい。

後輩の歯科医がいつになく「気合を入れて抜きますから」と行ってくれているのだが、気合を入れて抜くというのはどういうことなのだろう。大過なく済んで貰わないと、ぎっくり腰を抱えた身には辛いのだけれども。




posted by 曲月斎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベロタクシー

腰が痛いといっても、動かないでいるわけにはいかない。

まず、実家に戻って母親に「介護してもらって」鍼医へ。起きあがるのもやっと、という状態から脱するまでにはしてもらって、自宅に戻る。

それから旅券の受領。1度も遣わなかった10年旅券が失効していたので新しい旅券を申請していた。写真は例の立木写真館のものを利用。で今度の旅券はICチップが入っているとかで、分厚い。取得はしたものの、さて何度遣うのやら。

その後は、まずはオートバイのナンバー受領。この前、走っている間に紛失してしまったので、住民票を用意してMMSに手続きを依頼。新しいプレートが来たとの連絡で、受け取ってきた。横浜ナンバーは今や「横浜」の後にCが入って仮名、番号と続く。登録台数が多いからだろうが。

で、最後にこの写真のベロタクシーの話。
velotaxi(ベロタクシー)というそうで、要は昔風に言えば「輪タク」である。客席が2席付いた3輪車で、山下公園の前から支庁前まで乗って一人400円。高いか安いか。
4262423.jpg

聞けば会社は車体広告で収入を上げ、運転手は売り上げがそのまま収入になるそうだ。ただ、10〜18時の勤務でなかなかという感じらしい。それでも将来は観光用ではなく、地元の足にしたいという意気込みだそうだ。それなら、もう少し値下げしないと厳しいだろう。しかも走れるエリアが狭すぎる。東京では3区ほど走行OKにしているようだが。あと車体が重いので、坂の多い横浜ではちょっと厳しい面もあるかもしれない。

乗っていると歩道の人間が歩くのと同じ早さ。車窓から景色を眺めているというよりも、見られているという心境になる。動物園のパンダのように。
posted by 曲月斎 at 19:32| Comment(1) | TrackBack(1) | 街角辻辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぎっくり腰?

ぎっくり腰になったらしいです。

仕事に出掛けようと、カバンを持ち上げた瞬間に右の腰に激痛が走った。やっちゃったかな、と思った時にはもう遅いのであります。 

ともかく仕事には行かなくてはいけないし、歩くと太ももがしびれてくるような感じだし。こういう場合は経験者に聞くのが一番。電話をすると運良くつかまりました。

「腰から足にかけてしびれるような感じがありますか?」「ある」
「ほな、仕方ないですなあ。ぎっくり腰ですわ。ともかくベルトの穴を10個くらい締め上げるつもりで患部を締めなさい。大体、腰椎の3番目で起きるんですけど、少しでも悪化させない方がよろし。それで、ともかく座る時は正座、あぐらはダメ、ベットもだめ。できれば床の上に直接ねるくらいのつもりの方がいいです。それと××腰痛帯というのが薬局で売っていますからそれを締めること。今、すぐにできることはそのくらいですなあ」

という訳で、すぐに心やすい整形外科医のところに電話。診察日は水曜だというので、応急の手当てにあした鍼医にかかることにして……。

本当に経験者の助言は当たっているわけで、タバコを吸いに立つ時も拳を右腰の辺りに差し込んで歩くと楽。硬い椅子の方が楽。

こういう用事の立て込む時に限ってこういうことになる訳で、本当にトホホの心境であります。
posted by 曲月斎 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。