2006年08月19日

閏7月

今年は旧暦では閏7月がある。
つまり、新暦8月19日は旧暦7月26日。
旧7月を決める処暑が8月23日、旧8月を決める秋分が新暦9月23日となると、この間新暦8月24日から9月21日までの1朔望周期は閏月になる訳である(旧暦は月の満ち欠け一巡りで1カ月、というのが原則)。
閏7月、こういう年回りは夏が暑いというが、今年も湿り気の多い残暑が続くのだろうか。
ちなみに月名を決める根拠になる24節気の内の気(中)は、1月が雨水、2月が春分、3月が穀雨、4月が小満、5月が夏至、6月が大暑、7、8月が上記の通りで9月が霜降、10月が小雪、11月が冬至、12月が大寒。ちなみにこのうち中気で月が必ず決まるのは冬至、春分、夏至、秋分の4節気。中気がなくても閏月を置かないこともあるというのだから、旧暦は生活の知恵なのか、ややこしいばかりなのか……。


posted by 曲月斎 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜/すすきの中村屋

中村屋

横浜・海岸通のジンギスカン屋。
ちらと見掛けたので、蒸し暑いのもものともせず、出掛けたが、案の定、店はガランと人気もなく静かなものだった。
さて、お題のジンギスカン。肉はまずまず美味いと思う。アイスランドラムでなくても十分にうまい。店の看板にしている塩ラムというのも美味い。
ただ、肝心のタレが難物。さっぱり系という方は単なる醤油ベースの焼き肉のタレだし、甘口という方は単にリンゴか何かが摺り下ろしてあるみたいな感じ。どちらにせよ、混ぜてみても、ピンとこない味だった。
この時期はジンギスカンよりも札幌の西山ラーメンが主力のようであった。
中村屋2

posted by 曲月斎 at 01:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 鯨飲馬食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。