2006年08月14日

雲漢

立佞武多1

五所川原である。
ここは青森のねぶた祭り、弘前のねぷた祭りと同様に、名物がある。「立佞武多(たちねぷた)」というもので、高さ22メートル、重さ16トン。
立佞武多2

そんな祭りも終わって、今はお盆の帰省時期。どの宴席でも同窓会のシーズンだそうで、ホテルで食事を済ませてしまおうと思ったら何のことはない貸し切り。


立佞武多3

ということで、商店街は軒並みお休み。何でも盛んなのは、郊外にあるイトーヨーカドーのショッピングモールだそうな。そこまで出掛けていく元気もないままに、適当に済ませておしまい。

しかし、最近はこの五能線沿いの小さな町の祭りも注目されはじめているようで、いつか、巡行の時に来てみたい気もする。でもすごい人出だそうな。

気が付けばホテルの前の駐車場にラーメン屋のバスが開店。ちょうどチェックインしたころに、おんぼろバスが走り込んできたが、あれが店になるとは驚いた。

ちなみに表題の雲漢とはねぷたの台座にかかれる文字で「天の川」の意味だそうだ。


posted by 曲月斎 at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑事雑用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。