2006年08月13日

花は盛りに

杉大橋
この景色、何か見覚えはないですか?

桜の名所、弘前城の朱塗りの橋、杉の大橋であります。桜の時期はしだれ桜が咲きかかり、それは見事な風景になる、らしい。

でも、この時節ですから桜は青葉。羊甲櫓
これはこれで、また景色でありましょう。

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは、と言ったのは吉田兼好。暑い盛りに青葉がむせかえるように茂っているというのもまた、風情であります。



posted by 曲月斎 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事雑用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一直線

青森駅
久し振りに青森駅に来たけれど、本当にここのホームは長い。かつてはこの長いホームの向こう側に青函連絡船の乗船口があって、そこまで荷物を担いで行ったものであった。

長いといえば、弘南鉄道弘南線の線路の直線区間も長い。
電車はきっちり30分に1本しか来ないのだが、遙か彼方から、ゴトゴトとやってくるのが見える。その後、踏切の警報機の遠くからの音がする。黒石線


posted by 曲月斎 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事雑用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘前・真そばや會

所用で弘前まで来ている。
弘前名物は、と聞かれればタクシーの運転手氏の曰く、「何もない」とのこと。「リンゴは名産だけど、今は時期ではないし、郷土料理といわれる『じゃっぱ汁』も魚のアラの料理だから、時期じゃない……」

とはいえ、話をしていると「トンカツなら××」「焼き肉なら××」と繰り返す答えの中に、ピピッと響くものがあった。「蕎麦なら新寺町のカイだね」

と、「で、カイってどういう字を書くの?」「いやタクシーの運転手に言えば分かりますから」と、会話はここまでで、終わってしまったのだが、その後、気になって調べてみると、なかなかにいい店そうだ。旅先で蕎麦で一杯というのも悪くない。

それ以前に、この昼、弘前駅の立ち食い蕎麦屋で「幻の蕎麦」というのがあって、これは普通は蕎麦粉6分のところが、蕎麦粉8分なんだそうな。どちらかというと更級系のような白い蕎麦で、なかなかに美味い。おまけにトッピングに「じゅんさい」まであるといわれたら、印象が格段の向上する。

塩ホルモンに走る計画が音を立てて崩れ去り、13日夜は一気に蕎麦の夕べとなったのであった。

場所は新寺町。有名な三十檀林のそばにある寺町だ。ちょうど旧盆の入りで、ところどころで迎え火を焚いている。

目指す店は古い商家を改造したそうで、奥に入れ込み、手前にテーブル席という配置。席についたらまず酒。夏でもやはり燗酒に限るとは先日、さる大先輩が教えてくれた極意。確かに冷たいものを肴に熱燗というのはいいものである。で、銘柄は聞かなかったけど、とてもいい日本酒だった。會の店構え



肴に選んだのは「突き出しとろろ」に「漬け物」「鴨抜き」の3品。とろろは山盛りのキノコ類にウズラの卵入り。長芋系のような水っぽさはなくちょっと醤油を垂らしていい加減の感じ。漬け物は白菜にニンジン、ショウガなどを刻み込んだ塩漬け。2合は入ろうかという片口に山盛りで出されてうれしくなってしまう。そして鴨抜きがお見事。出汁の加減はもとより、合鴨の肉をいい加減に焼き、鴨ネギの言葉通り白ネギもちゃんと焼き。それにキノコ類を合わせて濃厚な加減にしてある。出された唐辛子は細かな一味。鴨の脂を制御するにはやはり一味のきりっとした味が合う。

いい加減になって蕎麦。こちらは店の名を冠に頂いた「カイ蕎麦」なるものがあり、この特の方を頼む。エビ天が1本に、後は薬味に青しそ、貝割れ、花鰹。汁を掛けまわし、薬味のネギにワサビ、大根おろしを入れて食べる。駅の立ち食いより当然、1枚も2枚も番付は上の味わいだ。會そば

嬉しくなって、もりを1枚追加。これまた結構な加減であった。量は並木の藪とまつやの中間ほど。ずずっと手繰ってちょうど1枚という感じである。ほかに、昔ながらの花巻きなんぞもあり、大した物である。花まき



ところで、ここの店の屋号はカイとは教えられたが何のことはない、正式な名前は「真そばや會」。夏はかき氷も名物らしくて、居合わせたテーブルでは全部、かき氷を頼んでいた。淡雪のように昔っぽいかき氷だった。因みに「會氷」と銘打つのは「宇治金時白玉にミルク」という組み合わせだった。會氷

ちょっと盛りといってこいの感じ。きょうは制覇するのをあきらめた。

弘前にお出かけの節は是非、おたずね頂きたい店である。
http://www.free-cm.com/cate/shop-3357-1.html

住所:弘前市新寺町・真教寺門前
水曜定休、営業は20時まで。
posted by 曲月斎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美食飽食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。